ホーム » 2017 » 8月

月別アーカイブ: 8月 2017

ブドウの力で血液サラサラになろう

血管年齢を若く保ちたいと考えたら、ブドウを食べてみるとよいでしょう。

ブドウには、ポリフェノールが多く含まれており強い抗酸化作用が存在しています。血管が弱くなってしまった人も、ブドウを食べる習慣を身に着けることにより血管年齢を若く保つことができたり、血液サラサラ状態に改善しやすくなるのです。

ブドウは、一般的に食べられている食品になるので、副作用なく摂取することもでき安全です。

ブドウというと、そのまま食べるだけではなくワインとしても飲むことができます。アルコールに耐性がある人は、毎日グラス1杯のワインを飲むことにより血管の病気を防げるようになります。

ワインは、ブドウの皮部分も使用しているため抗酸化作用も高く、体を元気に保ってくれるのです。お酒を嗜む人は、ワインを飲んでみるとよいです。

ただし、お酒は飲みすぎると血管年齢を上げる原因ともなってきます。健康のためを考えるならば、飲みすぎないように注意しましょう、

 

動脈硬化の原因と改善方法とは

動脈硬化とは血管が硬くなることや血管の内壁が狭くなることで血流が悪化して起こる病気です。その原因として考えられるのが高血圧、肥満、ストレス、飲酒だと研究結果から判明しています。

その他にもタバコを吸う事で活性酸素が増加し内膜に入った悪玉コレステロールが酸化されてしまいます。さらにタバコに含まれるニコチンによって血管が収縮されるので高血圧のリスクを高めてしまいます。いくらコレステロール対策のサプリを飲んでも喫煙してしまえばそのサプリも意味がありません。

また動脈効果は中年以降の男性に起こりやすい病気ということが出来るので、生活習慣の見直しが必要となります。特に食生活が重要で油分、糖分の摂取は控えて野菜を食べるように心がけましょう。

さらに真っ先に止めるべき生活習慣としは飲酒とタバコで、やめられない人はせめて量を減らすようにして下さい。あと現代社会においてストレスを感じずに生きることは不可能なのでストレスは溜めずに定期的に解消するようにしましょう。自分なりのストレス発散方法をみつけて下さい。

 

習慣病を防ぐ為の野菜と摂取量の注意点

人間のホルモンは、たまに異常な状態になっております。時にはホルモンに対する変化によって、高血圧などのネガティブな状態になる事もあるのです。

また状態がエスカレートすれば、習慣病になってしまう場合があります。

それで一旦習慣病になってしまうと、非常に厄介な事になります。治療するのに大きな手間を要しますし、そもそも治療が成功するか否かも分かりません。生活習慣病は、発症しないに越した事は無いのです。

そして、病気は予防する事は可能です。基本的には、野菜分などの摂取などは推奨されます。

昨今では、肉類の問題点が指摘されている事もあります。あまり肉に偏ってしまうのは良くないと強調される事も多いです。しかし野菜ならば、特に問題無いという意見も多数見られます。

ですから野菜による習慣病の解消を試みるのも一法ですが、過剰摂取などにも注意が必要です。野菜を摂りすぎてしまえば、かえって大きな問題が生じる可能性もあるからです。